現在の発言数479,126件!

母を励ましたい

8月に父を亡くした者です。
体調を崩してから20日で逝ってしまった父。
あまりの突然で母は立ち直れずいます。
娘として、してあげれる事は何でしょうか?
経験談などお聞かせ頂けたら助かりますm(__)m
もちろん時々顔を見に行き話を聴いたりはしていますが‥‥宜しくお願いします。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言9件 (全9件)

  • 時が解決してくれるのを待つか・・

    一般的には、時が解決してくれるのですが、深い悲しみが長く続くとそのまま鬱や痴呆になる方も居ますので、あまりに落ち込みが強いようなら一度精神科に受診してみるのも手ですよ。
    短期的に弱い向精神薬を服用することで、重い症状になることを防げて効果的です。
    投薬なしでカウンセリングだけでも大丈夫なケースもありますので、専門医への受診をお勧めします。
    心の病は風邪を引くのと同じ、誰でもなりうる病ですので早期対処が一番だと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私は10月に母を突然亡くしました。
    父を励ます立場ですが私自身がまだショックを受けてます。
    余命宣告を聞かされてなかったので・・・。

    日にち薬だと思うので自分でも時間が経ち前向きに人生を
    全うするのが私の出来ることと思っています。
    お父様もトピさんとこれから生きて行くとでいつか癒えると思います。
    前の方も仰るように精神的にあまり厳しいようなら心療内科など
    専門医にかかるといいと思います。
    残された家族、寂しいお正月になりますが頑張りましょうね!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 1年半前に父を亡くしました

    暫くは母の元に通いました。
    そこで、父は幸せだったことを繰り返し、こちらから話していました。

    亡くなったのも急過ぎて。
    当日まで同じ日常を過ごしていたのですが、お風呂からなかなか上がってこないので見に行ったら意識がなかった…。
    とのことで、母が一人でお風呂から引っ張り出し、近所に助けを呼んで救急車で運ばれ、そのまま意識が戻ることなく逝ってしまいました。

    入浴中で穏やかな顔のままだったので、そのことも含めて「苦しみもあまりなく、幸せな死にかただった」なんて話もしました。
    入浴の前に近所にお酒を買いに行ってたんです。
    きっとお風呂から上がったら呑もうと思ってたんだろうね~なんて、その日幸せ気分でいたことも強調して話していました。

    残された者の心を縛るのは、淋しさと後悔が多いです。
    淋しさの軽減は時間しかありませんが、後悔の念は「苦労もあったけど、苦労があったからこそ幸せな人生だった」ことを話し合うことで軽減されていきます。

    お母様が一日も早く笑顔を取り戻してくれるよう、陰ながら祈っています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 時が解決**

    >某さん

    一般的には、時が解決してくれるのですが、深い悲しみが長く続くとそのまま鬱や痴呆になる方も居ますので、あまりに落ち込みが強いようなら一度精神科に受診してみるのも手ですよ。
    短期的に弱い向精神薬を服用することで、重い症状になることを防げて効果的です。
    投薬なしでカウンセリングだけでも大丈夫なケースもありますので、専門医への受診をお勧めします。
    心の病は風邪を引くのと同じ、誰でもなりうる病ですので早期対処が一番だと思います。

    こんばんは。
    やはり時が必要ですね。
    最低でも一年を回らないと辛くて仕方ないと考えていました。
    しかし某さまがおっしゃる通り あまりにも長く引きずるようなら受診をとも思います。
    日がたつにつれて 悲しみが押し寄せてきて 私まで心が折れそうになりますが母を支えながら前を向いて頑張ります。
    親身に応えて頂きましてありがとうございましたm(__)m

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 人生を全うする

    >40代さん

    私は10月に母を突然亡くしました。
    父を励ます立場ですが私自身がまだショックを受けてます。
    余命宣告を聞かされてなかったので・・・。

    日にち薬だと思うので自分でも時間が経ち前向きに人生を
    全うするのが私の出来ることと思っています。
    お父様もトピさんとこれから生きて行くとでいつか癒えると思います。
    前の方も仰るように精神的にあまり厳しいようなら心療内科など
    専門医にかかるといいと思います。
    残された家族、寂しいお正月になりますが頑張りましょうね!

    40代さんも突然のお別れだったんですね。
    親とはいつか別れの日が訪れる と覚悟はしていましたがこんなにも急に…
    私も 残された家族が仲良く暮らして行くことが何よりの供養だと思っています。
    去年の年末年始は父が居たのに…と寂しさが込み上げてきますが 40代さんの励まし 有り難かったです。
    お互い がんばりましょうね。
    ありがとうございましたm(__)m

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • まさしく!

    >おせっかいさん

    暫くは母の元に通いました。
    そこで、父は幸せだったことを繰り返し、こちらから話していました。

    亡くなったのも急過ぎて。
    当日まで同じ日常を過ごしていたのですが、お風呂からなかなか上がってこないので見に行ったら意識がなかった…。
    とのことで、母が一人でお風呂から引っ張り出し、近所に助けを呼んで救急車で運ばれ、そのまま意識が戻ることなく逝ってしまいました。

    入浴中で穏やかな顔のままだったので、そのことも含めて「苦しみもあまりなく、幸せな死にかただった」なんて話もしました。
    入浴の前に近所にお酒を買いに行ってたんです。
    きっとお風呂から上がったら呑もうと思ってたんだろうね~なんて、その日幸せ気分でいたことも強調して話していました。

    残された者の心を縛るのは、淋しさと後悔が多いです。
    淋しさの軽減は時間しかありませんが、後悔の念は「苦労もあったけど、苦労があったからこそ幸せな人生だった」ことを話し合うことで軽減されていきます。

    お母様が一日も早く笑顔を取り戻してくれるよう、陰ながら祈っています。

    こんばんは。
    私の父も ついこの間までは普通に 健康に日常生活を送っていたのに 呆気ないものです 命は。
    私も後悔ばかりが思い浮かんでしまっています。
    なんであの時キツイ言葉を言ってしまったんたろう もっと親孝行しなかったんだろう…… と最近になり一層強く考えてしまいます。
    母と一緒に沢山父の事を話すようにしますね。
    優しいお言葉 嬉しかったです。
    頑張れます! ありがとうございましたm(__)m

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 愛する者とを失うと、自己喪失と言う言葉があるように自分さえも失ってしまうものです。励ましの言葉も今のお母様の耳には逆に辛さが増すだけかもしれませんね。カウンセリングも手ですが、お母様自身が心の整理をされていく過程が必要です。今の状態で叱咤激励しても効果薄です。お母様がいつでも気持ちを「もたれかけられる」ように、ゆきん子さんがいつでも、どこでも「いてあげられる」状態で待機してみてください。もちろんゆきん子さんもお母さん思いでいらっしゃるから、今は気が張っていてもふっと気持ちが弱くなることだってあるはず。お母様もゆきん子さんも共通した「喪失」に焦らず、ゆっくり気持ちを消化して下さいね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 救われました

    >ニンジャのママさん

    愛する者とを失うと、自己喪失と言う言葉があるように自分さえも失ってしまうものです。励ましの言葉も今のお母様の耳には逆に辛さが増すだけかもしれませんね。カウンセリングも手ですが、お母様自身が心の整理をされていく過程が必要です。今の状態で叱咤激励しても効果薄です。お母様がいつでも気持ちを「もたれかけられる」ように、ゆきん子さんがいつでも、どこでも「いてあげられる」状態で待機してみてください。もちろんゆきん子さんもお母さん思いでいらっしゃるから、今は気が張っていてもふっと気持ちが弱くなることだってあるはず。お母様もゆきん子さんも共通した「喪失」に焦らず、ゆっくり気持ちを消化して下さいね。

    こんばんは。
    今コメントを拝見いたしました。
    お返事が遅くなり申し訳ありません。

    今は 母の気持ちを聴くに徹する が最善ということですよね。
    しかし ニンジャのママさんが仰るとうり 私もふと気が弱くなり 母を支えるどころではなくなる時があります。
    一歩ずつ整理して前を向いて行けるように家族みんなで乗り越えます。
    気にかけて頂きありがとうございましたm(__)m

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 逆の立場です。
    2年前に夫が突然他界。まだ45歳でした。
    闘病も何もなく突然だったうえ、義妹の暴言・侮辱に心が真っ二つの折れそうなギリギリの状態でした。
    幸い周囲の身内は身勝手な義妹より私の味方をしてくれたので耐えられました。

    子供たちは当時中1と小5でした。
    父親の他界と叔母(上記の義妹)の振る舞いにショックを受けたでしょうが、何も言わずについてきてくれました。
    面と向かって励ましてくれることはなかった気がします。
    何と言っていいかわからなかったのかもしれません。

    私は四十九日が済むと今まで通っていたスポーツクラブに復帰。
    ストレスはスポーツクラブで発散し、家に極力持ち込まないようにしています。
    子供たちの前では夫とやっていたように笑い、子供たちと夫の話を笑いながらしました。

    子供たちは今も表立って励ましてくる事はありません。
    でも必ずしも言葉が必要という訳ではないんですよ。
    子供たちが心の中で残された私の心配をしているのは黙っていても普段のやり取りで伝わってきます。

    母親としていま一番怖いのは手に終えない病気になること。
    子供の世話が出来なくなる事です。
    幸い何とか元気にやっていますが、これからも運動して抵抗力を維持したいです。

    言葉で励ますだけではなく、家事を手伝ったり自分の事をちゃんとするなど、お母さんを安心させてあげられるようになって下さい。



    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する