現在の発言数479,821件!

年末年始が憂鬱

これからクリスマス、お正月とやってきますが、皆さん楽しまれてますか?

私はここ数年、毎年この時期(11月半ばから1月仕事始めまで)憂鬱で仕方ありません。大掃除、クリスマスツリーを出したり、家族のパーティーの中身を考えたり、おせちの段取りや両家への帰省など、考えるだけで気持ちがふさがります。結婚20年弱ともなると子供達も思春期になり、モチベーションがあがらずプレッシャーばかり(例えば予算に収まるか、とか、メニューがうまくできるか、お正月らしくしつらえるかとか…ちゃんとやる家庭だったので無意識に母のようにしなくては!と思ってしまうのです)です。

皆さんモチベーションアップの方法があれば教えてくださいませんか?
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言8件 (全8件)

  •  「完璧さ」で自分を追い込むような考えはあまり良くない流れかなと、メンタルを弱めてしまうと思います。
     また、お子さんも思春期ともなると色々と交友関係も広がり、家族イベントの参加も億劫になってきているところだと思いますし、今までの慣習慣例的なファミリーイベントを考え直しても良い時期なのかなとも思います。

     そう言った意味では段階的に子離れの準備と申しましょうか、そういう心構えをされても良いのかなと。
     具体的に「何よ?」となると指し示すことは難しいのですが、「自分自身が『豊か』である為にしたいこと」と言うことかなと。
     そういう所にボリュームを割きつつ、「手を抜けるところは手を抜く」ってスタンスに変わって行けば良いのではないでしょうか?
     例えば、責任感と自主性を養う為にお子さんにそれぞれ役割を分担させることも宜しいのではないかと思います。

     うちは基本的にイベント事は全て簡素に済ませるようにして、あまり重荷にならないように心掛けています。
     やはり、楽しむためのイベントが苦痛になっては意味が無いですしね(^_^;)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 適度に自分らしく

    わかります、良くできた母親の呪縛って大人になってもありますよね。
    自分で自分にプレッシャーを与えてしまい、精神的にものすごく疲れます。
    でも、どんなに頑張っても母のようにはできないもんですよね。
    だって私と母は別な人間なんですから。

    ある時からそのことに気づいて、自分なりに疲れない程度に気を抜くことにしました。
    うまくできなくても「ま、いいか、私の人生私が楽しくなくちゃ意味な〜い」と
    開き直りました。

    ここ最近は更年期障害もあり、だるい日が続いていたので
    正直に子供達に弱音を吐いて「行事の支度が大変」と言えば
    「いいじゃん、手を抜けば、ちょっとは手伝うし」と
    労ってくれることも。
    そうすると逆にモチベーションが上がるんですよね。

    クリスマスから年始にかけての行事を思うと確かに憂鬱になりますよね。
    毎年のことだけど、皆も同じように感じているんでしょうね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • わかります。

    子ども達も大きくなり、前のようにいつまでもクリスマスの仕度をすることが、なんだか億劫。
    子ども達も前のようにツリーの飾り付けしようとしないし...ね。
    でもでも、私は手を抜いていたら...
    子ども達は見ているもんですね...

    子ども達が家より外で楽しめるのは、お母さんがそうやって家でお母さんをしているからなのかなと感じました。勝手な子ども達だけどね┐('~`;)┌
    自分たちは外で楽しんでいても、家にかえると 長年のように家ではクリスマス。
    早くいえば。自分は用があるけど家でもクリスマスはいつも通りにやっていてほしいのが本心みたいな感じでみたいですよ。
    その心のうちはを知る機会がありました。
    なので私は子どもが家で生活しているうちは、頑張ろうと思います。知らぬ顔していても、お母さんを感じてるみたいですよ。
    でも更年期は無理をしないほうがよいので、ご自分の趣味などを見つけて夢中になってるお母さん、姿も子ども達も安心するかもですね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • アドバイスありがとうございます

    >ちよの輔さん

     「完璧さ」で自分を追い込むような考えはあまり良くない流れかなと、メンタルを弱めてしまうと思います。
     また、お子さんも思春期ともなると色々と交友関係も広がり、家族イベントの参加も億劫になってきているところだと思いますし、今までの慣習慣例的なファミリーイベントを考え直しても良い時期なのかなとも思います。

     そう言った意味では段階的に子離れの準備と申しましょうか、そういう心構えをされても良いのかなと。
     具体的に「何よ?」となると指し示すことは難しいのですが、「自分自身が『豊か』である為にしたいこと」と言うことかなと。
     そういう所にボリュームを割きつつ、「手を抜けるところは手を抜く」ってスタンスに変わって行けば良いのではないでしょうか?
     例えば、責任感と自主性を養う為にお子さんにそれぞれ役割を分担させることも宜しいのではないかと思います。

     うちは基本的にイベント事は全て簡素に済ませるようにして、あまり重荷にならないように心掛けています。
     やはり、楽しむためのイベントが苦痛になっては意味が無いですしね(^_^;)

    我が家は子供達が幼少の頃海外在住で、あちらは誕生会もクリスマスもホントに派手でした。我が家も必然的にそうなり、子供達はそこがベースになっているので帰国後のランクダウンが難しく、毎年頑張ってました。当時は楽しかったのですが、もうそろそろ簡素化を考えてもいいのかなとアドバイス頂いて思えました。ちょっと楽になりました。

    子供に任せる、やらせてみる事についてですが、実は苦手な自分に今気がつきました。自分がやった方が早い、だからやらせない、では自主性が育たないですね。

    「自分が豊かであるためにしたいこと」…ハッとしました。ここにヒントがあるように思いました。ありがとうございます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 母との関係

    >ぷうさん

    わかります、良くできた母親の呪縛って大人になってもありますよね。
    自分で自分にプレッシャーを与えてしまい、精神的にものすごく疲れます。
    でも、どんなに頑張っても母のようにはできないもんですよね。
    だって私と母は別な人間なんですから。

    ある時からそのことに気づいて、自分なりに疲れない程度に気を抜くことにしました。
    うまくできなくても「ま、いいか、私の人生私が楽しくなくちゃ意味な〜い」と
    開き直りました。

    ここ最近は更年期障害もあり、だるい日が続いていたので
    正直に子供達に弱音を吐いて「行事の支度が大変」と言えば
    「いいじゃん、手を抜けば、ちょっとは手伝うし」と
    労ってくれることも。
    そうすると逆にモチベーションが上がるんですよね。

    クリスマスから年始にかけての行事を思うと確かに憂鬱になりますよね。
    毎年のことだけど、皆も同じように感じているんでしょうね。

    更年期障害、お辛いですね。お加減いかがですか?
    よくできた母の呪縛…まさにその通りです。
    母は本当に苦労していて、言い方悪いですが女中のように父親の言うことをこなさなければならない生活でした。表面的には何事もないようでいて、非常に緊張感のある家庭で義務感一杯の日々から逃げ出したのが私です。

    母を尊敬するのと同時に手を抜くと母を裏切るような気持ちになってしまって…多分この憂鬱さの裏にはそういう気持ちがあるんだなとアドバイスいただいて思いました。
    ありがとうございました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • わかります〜私は同居の本家で 親戚がわんさかきます…かなり憂鬱です(笑)お盆お正月きっついでーす!
    まぁ 適当〜にがんばりまぁす(≧∇≦)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • そうなんですよね

    >ひみつさん

    子ども達も大きくなり、前のようにいつまでもクリスマスの仕度をすることが、なんだか億劫。
    子ども達も前のようにツリーの飾り付けしようとしないし...ね。
    でもでも、私は手を抜いていたら...
    子ども達は見ているもんですね...

    子ども達が家より外で楽しめるのは、お母さんがそうやって家でお母さんをしているからなのかなと感じました。勝手な子ども達だけどね┐('~`;)┌
    自分たちは外で楽しんでいても、家にかえると 長年のように家ではクリスマス。
    早くいえば。自分は用があるけど家でもクリスマスはいつも通りにやっていてほしいのが本心みたいな感じでみたいですよ。
    その心のうちはを知る機会がありました。
    なので私は子どもが家で生活しているうちは、頑張ろうと思います。知らぬ顔していても、お母さんを感じてるみたいですよ。
    でも更年期は無理をしないほうがよいので、ご自分の趣味などを見つけて夢中になってるお母さん、姿も子ども達も安心するかもですね。

    その通りなんです!
    子供達って何であんなに鋭いのでしょう。
    我が家のクリスマスが派手だというのは上のコメントに書かせていただいた通りなのですが(アドベントカレンダーから始まるので)、帰国して間もない頃、靴下ににお菓子が入ってなかっただけで(プレゼントもツリーも家の飾りもあるのに!)悲しい顔で、何で今年はサンタさん、お菓子忘れちゃったの…とポツリと言われた時にはまいりました。あの顔がチラついて、思春期だからサンタもいないしもういいじゃん!ーと思いつつ、ガッカリさせたくないな〜と思うのですよね。

    無理のない範囲で楽しく簡素化していけるように子供も巻き込んでみようと思います。ありがとうございます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私は結婚後、初の年末年始です

    11月1日に結婚して、まだ1ヶ月もたっていない私。
    私の場合は、主人の実家で義理の両親と同居です。
    お義母さんとの仲は、いい方だと思っています。
    お義母さんは田舎の人なので、何でも手作りされます。
    ウチの母は、おせちも作らず、適当だったので
    お義母さんにいろいろ料理を教えてもらえるみたいで楽しみにしています。
    私は、料理は作る過程も楽しめるので、相性がいいのかもしれません。
    みなさんの意見を読んでいると、いろいろ大変そうで・・・。
    私とお義母さんはまだ日が浅いので、
    何でも言いたいことを言って冗談で済んでいますが
    一回こじれたら、修復は難しいだろうなあ、、、
    と考える時もあるけれど、今は年末年始楽しみです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する