現在の発言数521,113件!

パン作りに有塩バターを使用する場合について!

HBを活用して、パン作りを楽しんでいます。
今までは油脂の入らないシンプルなパンを作っていましたが、
最近はソフトな食パンを作り始めて一つ、疑問点が出てきました。
レシピに「無塩バター」と記載してあるところを「有塩バター」に
置き換えた場合、通常加えるべき「塩」をどの程度調整すればいいのでしょうか?
実は今日、何も考えずにレシピ通りの塩+有塩バターでリッチなパンを焼いたのですが、
「あまじょっぱい?」感じになってしまいました。
慣れればなんてことないレベルなのですが、最初に口に入れたときに違和感を感じました。
この場合、バターではなくショートニングに置き換えたほうがよかったのでしょうか?
うーん…パンの先生方、ご教授お願いします~。
(ちなみに、我が家にはでっかい有塩ポンドバターが残っているので、できれば無塩バターを買わずに今家にあるものを使い切りたいなぁ、というけちんぼ発想です。ショートニングはあります) 
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言2件 (全2件)

  • おはようございます。

    私も以前、バターたっぷりのパン作りの時
    有塩のマーガリンで代用してちょっと塩っぱかった〜って時がありました。
    含有分の塩を抜くのを忘れていたんですよね。

    普通のパンなどのバターの量だと気になりませんが
    リッチなパンだとバターの使用量が多いですよね。
    その分有塩バターの塩っぱさが目立ってきちゃうんですよね。

    有塩ポンドバターは100gあたり1gの塩を含有しているようです。
    その分を計算してレシピにある塩の量から差し引くと
    丁度良いと思いますよ。
    (例:レシピのバターが50gなら0.5g分の塩を差し引く)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ねむンダ様♪

    おはようございます。
    アドバイスありがとうございます♪
    有塩バターの塩分含有率もとっても参考になりました!

    これから一層パン作りを楽しめそうです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する