現在の発言数478,446件!

中学1年で出た問題です。わかる人いますか?。

次の詩を読んで、あとの問題に答えなさい。

( ① )

あいたくて
あいたくて
あいたくて
あいたくて

・・・
きょうも
わたげを
とばします

【問題1】詩の題名( ① )をひらがなで答えなさい。
(問題2は、長いので省略します。)
【問題3】詩の中で「あいたくて」とあるが、これ以外に会いたい気持ちが強く表れている一行を書き抜きなさい。


【私の感想】
問題1
→ 全くわかりません。
  どうやったらこれを正解できるか、わかる人いれば教えてください。
問題3
→ 私は全くわかりません。強いて解答すれば「・・・」だと思います。
  ですが、うちの子は「・・・」と書いて、不正解だったそうです。
  正解が何かわかる人、教えてください。その理由も知りたいです。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言20件 (全39件)

  • 私は、この詩を読んだ時に、たんぽぽの目線で「自分のわたげが飛んでいくのを眺めている」という光景が頭の中に浮かんだので、擬人化していると思いました。

    ほとんど直感的にそういう光景が浮かんだので、根拠は何かと言われると困りますが、しいて言えば、たんぽぽの綿毛のことを単に「わたげ」とだけ表現していて、「たんぽぽの」ということばがどこにも書かれていないことが、なんだか意味深に感じられるからです。

    「たんぽぽの」ということばがどこにも書かれていないせいで、「わたしのわたげ」であることを暗に意味しているように思われます。

    といっても、「わたげ」といえばたんぽぽのものであることは明白なので、わざわざ書かなかっただけだ、と言われてしまえばおしまいなのですが…。

    詩や文学作品は、言葉をきっかけに読者に情景を思い起こさせるものなので、言葉づかいに必ず根拠があるはずですが、理屈で説明すると言語学者並みの知識がいるかもしれず、とても難しいです。

    この問題に正解したかったら、理屈だけではなくて、何よりもこの詩に感情移入して、言葉の響きや、そこから思い起こされる情景を楽しむ余裕がないと無理だと思うのですが、どうでしょうか?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >国語で点数が取れないさん

    質問者です。

    800字以内で書けなかったので、さらに続きです。

    http://www2.ocn.ne.jp/~boss/kokugo2/sibun/negai.htm
    は、私も読みました。
    【問題3】は、ここにも書かれていて、先生からの言葉で
     「きょうも」の「も」である。
    でした。
    一方、子供たちに
     「・・・・・・」は,何を表しているのですか。
    と質問したところ、
    ・願い・悲しみ・つらさ・会いたいという強い気持ち・言葉にならない強い気持ち
    ・あこがれ
    ということでした。

    これを見ると
     A(・・・  )とB(きょうも )の同点一位
    というふうに、思えます。
    この場合、考えることを他力に頼ったので、論理的に出した解答ではないですね。


    もう2つ、わかる人がいれば伺いたいです。
    じょにいさんの回答に「たんぽぽを擬人化」と書かれていました。その根拠となるところが見つからず、私には、綿毛と飛ばしているのは、1人の人に思えました。
    どこから「たんぽぽを擬人化」が判断できるのでしょうか。

    また、仮にたんぽぽを擬人化したら、綿毛はたんぽぽ種であり、つまり子供です。
    タンポポが何かに会いたいことと子供を飛ばす行動を並べると、その関連性が全く見えなくなってしまいます。擬人化と考えるのは誤りなのではないかと考えてしまうのですが、この考え方、間違ってますか?。

    余談ですが、私も理系です。
    国語は不自由なく点数が取れましたが、好きな科目では無かったですね。
    むしろ 1 + exp( -iπ ) = 0 のような美しさを愛する人間です。(苦笑


    さて本題、どうやって擬人化であると判断するのか。
    まず、2点。

    1.
    たんぽぽを観測した場合、たんぽぽが綿毛を飛ばす訳ではない。
    風がタンポポの綿毛を飛ばすだけ、それが事実であるという事。

    2.
    たんぽぽは恐らく、「あいたい」とは思わないだろうという事。
    植物には脳がありませんから、人間のような感情は持ちえません。

    上記2点を踏まえ、「あいたい」と思い、本来風に飛ばされるだけの綿毛を主体的に「とばす」と表現している点がポイントですね。
    「まるで会いたい人がいるようだね」⇒擬人化
    と言う具合ですね。

    綿毛は確かに、おっしゃるとおり本来ならば種子であり、子供でしょう。
    ただ、そこは作者の意図からは外れるでしょうね。
    「まるで会いたい人に沢山、手紙を送っているようだ」
    くらいの印象であろうと思いますよ。
    それも、電子メールなんて簡単なものじゃなく、手紙、くらいなイメージが妥当かと。手の込んだ、自分の思いがいっぱい詰まった大事なもの、くらいなイメージでしょう。手作りのお菓子、くらいの印象でも良いかもしれません。でも、受け取った方が重くないと感じる手紙がやっぱり一番しっくり来るかな。「綿毛」だけに。

    もっと言えば、作として「たんぽぽ はるか」と記載されているならば、これを擬人化と言わずして何と言うのでしょうか?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >国語で点数が取れないさん

    質問者です。

    800字以内で書けなかったので、さらに続きです。

    http://www2.ocn.ne.jp/~boss/kokugo2/sibun/negai.htm
    は、私も読みました。
    【問題3】は、ここにも書かれていて、先生からの言葉で
     「きょうも」の「も」である。
    でした。
    一方、子供たちに
     「・・・・・・」は,何を表しているのですか。
    と質問したところ、
    ・願い・悲しみ・つらさ・会いたいという強い気持ち・言葉にならない強い気持ち
    ・あこがれ
    ということでした。

    これを見ると
     A(・・・  )とB(きょうも )の同点一位
    というふうに、思えます。
    この場合、考えることを他力に頼ったので、論理的に出した解答ではないですね。


    もう2つ、わかる人がいれば伺いたいです。
    じょにいさんの回答に「たんぽぽを擬人化」と書かれていました。その根拠となるところが見つからず、私には、綿毛と飛ばしているのは、1人の人に思えました。
    どこから「たんぽぽを擬人化」が判断できるのでしょうか。

    また、仮にたんぽぽを擬人化したら、綿毛はたんぽぽ種であり、つまり子供です。
    タンポポが何かに会いたいことと子供を飛ばす行動を並べると、その関連性が全く見えなくなってしまいます。擬人化と考えるのは誤りなのではないかと考えてしまうのですが、この考え方、間違ってますか?。

    やはり800字を超えてしまったので、連投失礼します。


    問題の回答に関して、「も」が強調だ、と書かれておられる方もおられます。
    私はこの点には疑問を感じます。

     私も会いたい。

    と書いたとして、強調の意にはならないでしょう。

     今日も会いたい。

    と書いたとして、多少強調としてのニュアンスが現れるかもしれませんが、強調と言うとちょっと違うのかもしれません。しつこいのだ、とか、別の表現もできます。

     今日も(枕を)涙で濡らします。

    と言う具合になると、強調と言う印象になるでしょうか。やはり、情景が繰り返される形になることがポイントだと私は感じます。感情が溢れ出るような行動を繰り返すので、強調、と。
    この効果を生んでいる助詞は「も」であるけれども、「も」が強調している、と言うのは乱暴かと思うのです。
    同様に「きょうも」と言う文節そのものにもやはり、強調と言う意味は無いでしょう。

    国語で点数が取れないさんは「・・・」が答えでは無いだろうか、とおっしゃっていますが、これは間違いでしょう。「・・・」は省略であり、この場合はおっしゃっている通り、「言葉にならない」のだろうと思います。
    だからこそ、その思いを具体的に形に表したその次ぎの文章に、その思いが溢れ出ていると考えるべきかと思います。
    別の見方をするならば、「・・・」に意味を持たせる、としてしまうと、何でも出来てしまいます。それは、問題の答え、としては不適です。

    国語好き。さんが書かれておられますが、「出題者の意図」が読めなければ国語は点数が取れない、私もそのように考えます。
    「出題された文章」の読解力は、読書量があれば必然的に上がります。
    「出題者の意図」は「出題の形式の文章」に慣れなければ読み解けないかもしれません。小学生が古文を読めないのと同じように。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >国語で点数が取れないさん

    質問者です。

    みなさん、回答ありがとうございます。
    この話題を載せたのは、HNのとおり、国語の問題ができないからです。30年前からの悩みで、どうにも正解に到達することができません。
    うちの子の定期テストを見て、やっぱり正解に到達できない問題があったので、ここで質問してみました。

    【問題1】については、ネットで調べれば「ねがいごと」が正解のようです。覚えていなければ正解できないのでしょうね。
    定期テストなので、授業で扱った教材を覚えているか?という観点で出題されていれば、仕方無いですが、漢字や語彙ではない国語問題で、覚えているかどうかを問うことに疑問を感じます。
    たぶん、入学試験でこの問題が出たら正解できる人は皆無でしょうし、理不尽を感じると思います。

    3連投、すみません・・・OTZ


    直感的に、と言う話がありましたが、ある意味では直感的ですよね。数学や物理でも、直感的に答えがわかる事って、ありますよね?その後の証明や答案記述が面倒な部類・・・
    同様に、国語でも、直感的にコレだよね、って事はあるかと思います。でもやっはり、何でそこだと思ったのか、は論理的に再確認したりしません?背理法を使ったりしながら。そういう意味じゃ、直感だけれども、論理的かな、と。


    DELI*DELI さんが、
     詩や文学作品は、言葉をきっかけに読者に情景を思い起こさせるもの
    と書かれておられます。
    これは、著者や作者から言わせれば「そう感じるように苦労して書いているんだよ」と言う事なんだろうと思います。問題として出そう、とか、解こうと言う行為そのものが、著者や作者の意からは大きく反する気はしますよね。
    私も、文芸の類は、味わえば良いのだ、と思っています。なので、国語と言う教科は好きになれません。読書は好きですが Wink

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >じょにいさん

    やはり800字を超えてしまったので、連投失礼します。


    問題の回答に関して、「も」が強調だ、と書かれておられる方もおられます。
    私はこの点には疑問を感じます。

     私も会いたい。

    と書いたとして、強調の意にはならないでしょう。

     今日も会いたい。

    と書いたとして、多少強調としてのニュアンスが現れるかもしれませんが、強調と言うとちょっと違うのかもしれません。しつこいのだ、とか、別の表現もできます。

     今日も(枕を)涙で濡らします。

    と言う具合になると、強調と言う印象になるでしょうか。やはり、情景が繰り返される形になることがポイントだと私は感じます。感情が溢れ出るような行動を繰り返すので、強調、と。
    この効果を生んでいる助詞は「も」であるけれども、「も」が強調している、と言うのは乱暴かと思うのです。
    同様に「きょうも」と言う文節そのものにもやはり、強調と言う意味は無いでしょう。

    国語で点数が取れないさんは「・・・」が答えでは無いだろうか、とおっしゃっていますが、これは間違いでしょう。「・・・」は省略であり、この場合はおっしゃっている通り、「言葉にならない」のだろうと思います。
    だからこそ、その思いを具体的に形に表したその次ぎの文章に、その思いが溢れ出ていると考えるべきかと思います。
    別の見方をするならば、「・・・」に意味を持たせる、としてしまうと、何でも出来てしまいます。それは、問題の答え、としては不適です。

    国語好き。さんが書かれておられますが、「出題者の意図」が読めなければ国語は点数が取れない、私もそのように考えます。
    「出題された文章」の読解力は、読書量があれば必然的に上がります。
    「出題者の意図」は「出題の形式の文章」に慣れなければ読み解けないかもしれません。小学生が古文を読めないのと同じように。

    3連投感謝です。

    『その思いを具体的に形に表したその次ぎ(「・・・・」の次)の文章に、その思いが溢れ出ている』で、ビビっと来ました。

    思考が切り替わり、その説明を読んで「きょうも」に強い思いを感じることができました。頭がビックリしていて、うまく文章化できないですが、いろいろと繋がりが見えてきました。
    視界がモヤモヤしてたのですが、明るくなってきてます。


    うまく説明できないですが、たぶん正解に到達した感があります。数学の難問が解ったときのようなスッキリ感です。

    やっぱりここで質問して良かったです。
    今はちょっと頭が落ち着かないので、すみません。時間が経過して落ち着いてから、何がどうなったのか整理して、再度書き込みます。ありがとうございます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 1は たんぽぽで

    3は今日もぢゃないのかな?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ただの勘ですが… 習ったような…

    問題3は、「きょうも」だと思います。
    理由は、いつもわたげを飛ばしているということになるので、すごくあいたいんだということが分かります。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 問題1は、あいたくてだと思いマッスーん
    詩の中でもあいたくてと言う言葉がたくさん出てきているので…
    どーですかぁー❓

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ィェーィ

    >^_−☆さん

    問題1は、あいたくてだと思いマッスーん
    詩の中でもあいたくてと言う言葉がたくさん出てきているので…
    どーですかぁー❓

    私も賛成です。
    まさか自分と同じ考えの人がいるなんて…(爆笑)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • よく見れば1年前のものですが、なかなか面白いです。
    タイトルはわからなかったけど、「今日も」はあってた?
    あいたくて、綿毛をとばす少女の思い。
    あいたくて、、と何度も言ってるから会いたい人には会えてないんでしょうね。
    あいたいよ、と願いをこめてタンポポの綿毛をとばす。
    あの人の所まで私の気持ちを届けてください……
    こう言う詩が教科書に載ってるんですね。(・o・)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 一昨年、この詞を習いました。

    題名は、『たんぽぽ』です。
    3は、『とばします』だと思います。『綿毛をとばす=思い続けるだけでなく、自分から会いにいく』ということではないでしょうか。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • これが国語の問題なんですか?

    誰かの歌の歌詞ですよね。

    歌詞なんて極めて感情的で、聞いてる人の勝手な解釈にゆだねられる言葉の連続なのに・・・

    詩に関する問題ということなんでしょうか?

    出題する人の資質を疑いますね。

    こんな問題を出される子どもが、気の毒です。


    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >すずめさん

    これが国語の問題なんですか?

    誰かの歌の歌詞ですよね。

    歌詞なんて極めて感情的で、聞いてる人の勝手な解釈にゆだねられる言葉の連続なのに・・・

    詩に関する問題ということなんでしょうか?

    出題する人の資質を疑いますね。

    こんな問題を出される子どもが、気の毒です。


    詩人さんの詩です。
    工藤直子さんといいます。

    動植物を主人公にした『のはらうた』という詩集のなかの一編かと。

    国語の教科書に出てくる代表的なものが、この『たんぽぽ』ですね。

    問題にするかどうかはさておき、こういう詩を味わって読めるようにはなるのも良いことだと思います。

    主さんが、理論的に解決しようとしている姿勢がすごいなぁと思いました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 3は、わたしなら「とばします」以外ないかも

    タイトルがたんぽぽと言うことで擬人化されてると
    読むなら、
    わたげはまず平かなで開いてますから、わたしでしょうか

    わたげは風によって飛ぶ物、飛ばされる物で
    飛ぶかも知れないし、飛ばないかも知れない
    いわば風に左右され他力頼みなはかなあ存在の物ですが

    「とばします」
    と、言い切ることで、そこに初めて揺るぎない強い意思が生まれるのだと

    つまり
    その強い意思イコールあいたい気持ちで
    風があろうがなかろうが関係ないということ

    嵐でも無風でも、いつも、どんな日も、なのでは

    それが最後に「今日も」の解釈に繋がって掛かってくると思います

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >すずめさん

    これが国語の問題なんですか?

    誰かの歌の歌詞ですよね。

    歌詞なんて極めて感情的で、聞いてる人の勝手な解釈にゆだねられる言葉の連続なのに・・・

    詩に関する問題ということなんでしょうか?

    出題する人の資質を疑いますね。

    こんな問題を出される子どもが、気の毒です。


    気の毒ですかー?
    こんな詩が教科書にのってて、いいなぁと思いましたけど……

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 質問者です。ずいぶん前の質問だったのですが。。。

    じょにいさんの解説3連投によって、ようやく問題3の正解を「きょうも」とする説に納得感を得たのですが、そのときの私の理解を書き込むと書いていながら、どのように表現するか頭を整理できず、ずいぶん時間が経過しました。

    こんな表現で良いか?うまく表せないのですが、問題文の「強い気持ち」というものを、物理(力学)でいうところの「力」と考え、速度、方向、加速度の観点でみた結果から、納得感に到達しました。
    具体的には、以下のとおりです。

    ①あいたくて (右方向速度1)
    ②あいたくて (右方向速度1)
    ③あいたくて (右方向速度1)
    ④あいたくて (右方向速度1)

    ⑤・・・   (停止 速度0)
    ⑥きょうも  (上方向速度1)
    ⑦わたげを  (上方向速度1)
    ⑧とばします (上方向速度1)

    右方向、上方向と記載しましたが、①~④と⑥~⑦で方向が変われば良くて、上下左右どの方向でもかまいません。
    ポイントは、
    ・⑤で停止して⑥で速度が0から1に変わること
    ・④と⑤の間に空白行があること
    の2つです。
    速度が変わるとき、加速度が発生しますが、加速度は「力」によって生じます。この「力」が「強い気持ち」であれば、
    ④と⑤の間に左方向の加速度:1が発生していて、
    ⑤と⑥の間に上方向の加速度:1が発生しています。
    そう考えると、「・・・」と「きょうも」の両方が正解の候補になるのですが、④と⑤の間に空白行が1行あります。
    つまり、
     ④と⑤の間:加速度:0.5が2回
     ⑤と⑥の間:加速度:1が1回
    なので、「強い気持ち」は⑤と⑥の間が最大。
    ということから、
    「きょうも」に最も「強い気持ち」がある。

    というのが、私の理解です。
    じょにいさんの解説3連投がヒントになって、このように考えることができました。
    (次に続きます。)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 質問者です。ずいぶん前の質問だったのですが。。。(つづき)

    つづきです。

    作者からすれば、「読んでなにかを感じてもらえたらいい。こんなふうに深く分析しないで。」と言いたくなるかもしれないですね。

    いろんな方から、様々な意見を頂きましたが、感じ方は人それぞれですし、時と場合によっても異なってくると思います。そう考えると、この問題は、学問としての問題というよりアンケートに近いように思えてきます。
    私が、学生のころ国語の成績がどうにも上がらなかったので、半分トラウマ的な状態なのかもしれないですが、こういう問題を試験に出されるのは、やっぱり理不尽を感じてしまいます。

    学問として詩を学ぶのではなく、文化として学ぶ方がいいような気がします。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • みなさんの答が楽しいのと自分がこの方を知らないので、ネットで検索してみました。
    擬人化、と言うのがなぜ出てくるのかわかりませんでしたが、あー、そうかーと思いました。
    でもやっぱり、擬人化しなくてもー、と思ってしまいます?
    「のはらうた」と言う詩集で、作者が「たんぽぽはるか」さんだと言うことです。
    たんぽぽが、「あいたい、あいたい」と 思って綿毛を飛ばす。
    たんぽぽがあいたいのは?
    未来、と言うことなんでしょうか。

    私は、会えない誰かに会いたい、と思う気持ちを込めて綿毛を吹いてる少女を思い浮かべました。毎日、毎日綿毛を見つけては吹いてる少女を。
    色々と考える事が出来て楽しかったです。どうもありがとう。主さん。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ものすごい理系脳ですね!

    >国語で点数がとれないさん

    じょにいさんの解説3連投によって、ようやく問題3の正解を「きょうも」とする説に納得感を得たのですが、そのときの私の理解を書き込むと書いていながら、どのように表現するか頭を整理できず、ずいぶん時間が経過しました。

    こんな表現で良いか?うまく表せないのですが、問題文の「強い気持ち」というものを、物理(力学)でいうところの「力」と考え、速度、方向、加速度の観点でみた結果から、納得感に到達しました。
    具体的には、以下のとおりです。

    ①あいたくて (右方向速度1)
    ②あいたくて (右方向速度1)
    ③あいたくて (右方向速度1)
    ④あいたくて (右方向速度1)

    ⑤・・・   (停止 速度0)
    ⑥きょうも  (上方向速度1)
    ⑦わたげを  (上方向速度1)
    ⑧とばします (上方向速度1)

    右方向、上方向と記載しましたが、①~④と⑥~⑦で方向が変われば良くて、上下左右どの方向でもかまいません。
    ポイントは、
    ・⑤で停止して⑥で速度が0から1に変わること
    ・④と⑤の間に空白行があること
    の2つです。
    速度が変わるとき、加速度が発生しますが、加速度は「力」によって生じます。この「力」が「強い気持ち」であれば、
    ④と⑤の間に左方向の加速度:1が発生していて、
    ⑤と⑥の間に上方向の加速度:1が発生しています。
    そう考えると、「・・・」と「きょうも」の両方が正解の候補になるのですが、④と⑤の間に空白行が1行あります。
    つまり、
     ④と⑤の間:加速度:0.5が2回
     ⑤と⑥の間:加速度:1が1回
    なので、「強い気持ち」は⑤と⑥の間が最大。
    ということから、
    「きょうも」に最も「強い気持ち」がある。

    というのが、私の理解です。
    じょにいさんの解説3連投がヒントになって、このように考えることができました。
    (次に続きます。)

    今初めてこのトピを見てさらっと流し読みした程度ですが、トピ主さんや他の方が国語の問題に数字やらを当てはめて理解しようとしているのがとても衝撃的でした。

    こういう問題はほとんど反射的に答えが見えてくるような感覚で学生時代ずっとやってきたので、いろいろな角度から理論を当てはめて答えを探し当てようとする方がいるとは、揶揄や当てこすりではなく本当に驚いてしまいついついコメントしてしまっている次第です(笑)

    文系100%の私にはとても思い付かない発想で新鮮でしたが、確かにこの感じではトピ主さんのお名前にもあるように、国語で点数は取れないだろうなと思いました。(スミマセン・・・)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 待って

    これの題名は たんぽぽ じゃなくて

    ねがいごと じゃないですか?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
≪ 最新
‹ 前へ
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する