現在の発言数521,074件!

こどもの偏食はなおりますか?

子どもの偏食についての相談です。
幼稚園に通う子たちのママです。

離乳食期はあまり苦労がなかったものの、好みを主張するようになってから~ここ最近が特に偏食になってきました。

小さいころから色んなものを食べさせてきたつもりでしたが、形が残る野菜はすべてNGです。
かたくなです。
食べるのは美味しいお菓子か牛乳、白ごはん、ウインナーやソーセージ、豆腐、玉子、麺類。

上記で分かるように私のつくるおかずは食べません。
下の子は上の子の真似をして上が食べないものは食べません。
ちょっとかむ回数が増えたり、肉や魚でも出来立てでないと食べません。

夫は私の作る料理が原因ではないと言います。
味ではないんだと思います。

食感や先入観や何か本人たちが気になることがあるんだと思います。
聞いても具体的にこたえられるような子達ではないので困っています。

これは普通なんでしょうか?
大きくなるにつれ親が食べるようにと言えば食べるようになりますか?
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言5件 (全5件)

  • 偏食でも大丈夫ですよ

    サプリメントもありますし、まったく偏食しない人でも健康とは限りません。
    先ずは無理強いしないことです。
    何かのきっかけで嫌だと感じたものは、味は勿論のこと目から耳から鼻から食感から、なかなか好きにはなれないのではないでしょうか。その上に親の怖い視線は余計に悪い印象を与えかねないと思います。。
    ですから、親の好きな料理をテーブルに並べて美味しそうに食べる姿を見せていれば、そのうちに興味を持って食べ、美味しと感じることがあるかのしれません。
    因みに我が息子は私の母乳が出なくて乳児用のミルクも嫌いで白湯と牛乳で一歳まで育ち、その後は好き嫌いの少ない幼少時代でしたが、24歳の今は烏賊と長葱は食べません。理由は判りません。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 甥っ子が偏食です

    とにかく緑色のものは食べません。(きゅうり、ピーマンetc)
    あとフルーツ全般も。
    好きなものは牛乳、卵、肉、生魚。
    妹も最初はアレコレしたみたいですが、体格も良く、健康面も問題なさそうなので放っておくことにしたみたいです。

    最近の学校は
    食べられないものは本能的に「嫌い」と分けていることもあるそうで、その食品に対する消化酵素が無かったり、アレルギーがあったりする場合もあるので無理に食べさせない
    という指導みたいですよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 食が豊かになるとベジタブルプア

    子供は本能でアレルギーなど絶対食べようとしないおいしいと感じないという子供ながらの自己防衛がありますが、離乳食などで食べてて問題なかったのであれば大丈夫なのかな?
    子供はカロリー、エネルギーを沢山必要なので甘いもの、炭水化物(糖)のエネルギーにすぐなる食べ物や体を作るお肉(タンパク質)が大好きなのは普通です。が糖類はインスリンが出て快感や脳を興奮させるアドレナリンのガソリンなので大人もですが子供は特に。落ち着かなくなる興奮する、カフェインやチョコはよくないという理由のひとつです。そしてその吸収をよくしてくれるのが油。甘いお菓子が病みつきになるのは糖と脂のコラボだから。欧米では糖依存といって盗んでまで砂糖を食べる子供がいるくらいちょっとした子供の依存症として増えてますが食が豊かになった日本も子供の肥満や糖尿病になる子が増えてるので子供の食環境心配ですね
    それを緩和するのはやっぱり野菜ですね。確かにサプリなど栄養補助は出来ますがまだ解明されてない栄養などもありますし生の野菜には免疫力をつけてくれるので
    トラウマになるような昔のように無理やりは逆効果だったり成長するしたがって食べれるようになったりあると思いますが
    まず1つずつ食べれるように。一緒に作って大好きなママが喜んで食べてくれるとか食べれたことを大げさに誉める、いいことがある。競争心が出てきたら食べれる子を誉める。自然に体が野菜を欲しがる時期が来たり
    周りや漫画などの影響もあったり日本はピーマン、ニンジンですが子供が嫌う野菜ですがアメリカの子たちはブロッコリーが嫌いだったりしますし
    うちは一緒に作ってお友達にふるまって喜んでくれたことがきっかけでニンジンが食べれるようになりました!
    おいしいって食べて欲しいですね~♡

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 大変ですが☆親が諦めない限り大丈夫♪

    一時、あるんですよね~☆
    あれもこれも食べなくて(主に野菜系)、なんで~ Screamって、親は苦労するんですよね。

    無理強いはしなくても、いろいろ工夫してみてください。
    意外とお友達との関わりだったり、TVの影響だったり、意外なところで食べられるようになることがあります。
    但し、これは親が諦めなかった場合。

    褒めたり、一緒に作ったり、擬人化したり?(笑)
    親が美味しそうに食べることは絶対ですが、それ以外に思いつくことなんでもやって(怒る・脅す以外のことネ)、知恵と工夫でジタバタ騒いでみましょうよ。

    親が諦めない限り、偏食は改善されます。
    逆に「どうせ食べないから…」と親が諦めたら、偏食は大人になっても治りません。
    将来、パートナーが苦労します(笑)

    10年後「あの頃は苦労したわ」と笑い話に出来るように♪
    ジタバタ騒いで悩んでいるうちに、子どもは成長して、いろんな情報を自ら仕入れてきて、どんどん変わっていきますよ♪

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 好き嫌い

    がんばってもこればかりは子供の拘りだったりで偏食が改善する様な決め手は無いと思います。
    諦めずにいるとそのうち偏食はマシになると思います。

    大人にも好き嫌いはあるので全てなくなるとは言いませんが。

    家庭菜園、凝った料理、素材の味を生かした料理、レストランに行ったり、お友達と食事させたり、食事の雰囲気を変えてみたり、面白い食事の演出…。

    効果が出る子も出ない子も色々あるので、がんばってもダメな時は思い詰めず、「またチャレンジしてね〜」くらいの気持ちで楽しい育児をしてくださいね。
    決して自分のやり方が悪いなどと思わないでくださいね。

    散々ダメでも、とあるキッカケで食べ出すこともありますがタイミングにもよります。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する